学ぶ・知る 住宅用火災警報器 メインのページへ戻る


住宅用火災警報器
住宅用火災警報器設置後の注意
手入れ方法

住宅用火災警報器がきちんと働くためには維持管理が重要です。
1.住宅用火災警報器が汚れたら
中性洗剤を浸して固く絞った布で軽くふきましょう。シンナーなどは決して使用しないでください。
2.電池交換を忘れずに
乾電池タイプは電池の交換を忘れないようにしましょう。電池が切れそうになったときは、音や光で交換時期を知らせてくれます。
3.定期的に作動確認をしましょう。
住宅用火災警報器本体から下がっている引きひもを引く、あるいはボタンを押すなどにより作動確認を行いましょう。
どちらもついていない場合は、タバコや線香の煙を吹きかけることで確認することも可能です。長期間家を留守にしたときも作動確認をしましょう。
また作動試験は1ヵ月に一度を目安としてください。